医療系の転職は志望動機が要!

歯科衛生士はお口のケアをする医療職

自分をアピールする効果的な志望動機とは!

お口の環境を整える歯科衛生士

歯や口腔の健康は人が健康に生きて行くためには重要なことです。美味しく食べる、楽しく会話することは日々生活していくためには欠かせません。そんな歯や口腔を健康に維持することをお手伝いするのが歯科衛生士の仕事です。歯科予防処置、歯科診療の補助、歯科保健指導の3つの業務が法律に定められていて、専門性の高い技術と知識が必要となります。

お口の環境を整える歯科衛生士
Pocket
[`evernote` not found]

歯科予防処置とは?

歯を失ってしまう原因の9割が虫歯と歯周病です。歯の二大疾患と言われていて、多くの人が罹患されています。虫歯と歯周病を予防出来れば死ぬまで歯を健康に保つことが出来ます。歯や口腔の疾患を予防する方法としてフッ化物塗布等の薬物塗布、歯垢や歯石など口腔の汚れを除去する歯面清掃など、予防に効果的な医療技術があり、歯科衛生士はこれらの予防処置の専門家です。

歯科診療の補助とは?

歯科診療はチーム医療として、歯科医師を中心に治療行為を行っていきます。その中で歯科衛生士の役割は歯科医師の診療を補助することや、歯科医師からの指示を受けて歯科治療の一部を担当することもあります。このように歯科医師との協働で患者さんの診療、治療にあたるのですが、これらの歯科診療の補助の範囲は多岐にわたります。円滑な歯科診療を行うための大切な役割を果たしています。歯科医師と患者さんとのコミュニケーションにも配慮して信頼関係を作り、安心してもらいながら歯科医療を行うためには歯科衛生士の存在が不可欠であり、その活躍が期待されています。

歯科保健指導とは?

食べること、飲むことは生きて行くうえで必要不可欠なことです。気をつけていても虫歯や歯周病にならないことはなかなか難しく、これらは生活習慣病と言われています。虫歯や歯周病は治療で治すことも出来ますが、まずはならないための予防が肝心です。自らが生活習慣を改善して行くことが必要であり大切なのです。正しい生活習慣、セルフケアを行うためには専門的な指導や支援が必要不可欠です。歯科衛生士は、幼年期から高年期までの年齢層にあわせた指導や支援を行い、健康な方から病気や障害のある方など、全ての方のお手伝いをします。
内容は歯の磨き方を中心とした、口内環境の改善に必要な知識を専門的に指導します。また、寝たきりの方や要介護者等に対して訪問して行う訪問口腔ケアも大変重視されています。最近では食べ方、噛み方などを指導する食育支援、高齢の方や要介護者の咀嚼や飲み込み力を強くするための摂食・嚥下機能訓練も注目されてきています。

医療職を目指している方におすすめの記事!

  • 患者さんの体と心をケアする看護師
    患者さんの体と心をケアする看護師

    医療職で人気のある看護師。現場では多くの仕事をこなすとても大変な仕事です。看護師は実際にどのようなことをしているのか、どうすればなれるのか、キャリアはどうなのかを紹介しています。

    MORE
  • 看護師の志望動機
    看護師の志望動機

    看護師の仕事の魅力とはなんでしょうか。志望動機の例文を交えながら効果的なアピール方法を紹介しています。自分をアピールするための志望動機の書き方を知りましょう。

    MORE
  • 命運が左右される職務経歴書
    命運が左右される職務経歴書

    医療職の転職では職務経歴書はとても大事です。今までいた病院やこれまでの経験、スキル、資格が見られます。きちんと見てもらうために正しい書き方を学び、しっかりアピールをしましょう。

    MORE