医療系の転職は志望動機が要!

医療職の中でも命の誕生に携わる助産師の仕事

自分をアピールする効果的な志望動機とは!

生命誕生の手助けをする助産師

助産師の仕事とは?と聞かれると出産の時に近くにいてくれて出産のお手伝いをしてくれる人と思われる方がほとんどだと思いますが、それだけではありません。では、実際の助産師の仕事とはどのようなものなのか紹介したいと思います。

生命誕生の手助けをする助産師
Pocket
[`evernote` not found]

生命の誕生に立ち会う仕事

正常分娩が困難な場合や帝王切開が必要な場合は医師のサポートが必要になりますが、助産行為を行うことが出来るのは日本では医師と助産師のみとなっています。産科医不足の昨今では、助産師の仕事はとても重要な役割を担っています。問題なく自然分娩の出来る状態の場合は医師がいなくとも助産師がいれば問題ありません。出産のとき助産師は赤ちゃんを取り上げ、それからへその緒を切断し、傷口の処置などを行います。命の誕生の介助を一手に引き受けるという、他の仕事ではできない素晴らしい経験ができます。そこに大きなやりがいを感じている助産師は多く、社会的にも不可欠な素晴らしい仕事です。

出産前後のサポート

妊婦さんの健康管理、食事のアドバイス、適度な運動などの生活指導を行います。出産には妊婦さんの健康状態が重要で、その健康が損なわれてしまえば胎児にも影響を与えてしまいます。食べる量や栄養バランスなどの食事指導を行い、適度な運動をして健康を維持するための生活指導をして妊婦さんをサポートします。また、出産後の体調をチェックをするとともに、生まれてきた赤ちゃんの健康アドバイスもします。

精神的なサポート

出産前後は精神的に不安定になりがちになります。特に初めてであれば、楽しみや期待の反面、まだ自分が経験もしていない未知の体験に対する恐怖心でマタニティブルーになる妊婦さんも少なくありません。助産師による妊婦さんへのメンタルケアは重要です。抱えている不安はどのようなものなのか聞いてあげること、それに対して少しでも安心出来るように助言をしてあげることが必要です。妊婦さんが安心して出産を迎えるためには助産師の仕事が重要で不可欠と言えます。
また、出産後は赤ちゃんの成長を見守ることも大切な役割です。初めての育児であれば不安は必ずあります、生まれてきたばかりの赤ちゃんは特にデリケートですので、お母さんは助産師のアドバイスが必要です。栄養指導や授乳指導、入浴方法からおむつの仕方まで全面的なサポートを行います。近年では核家族化が進んだことにより育児の相談を出来る相手が少なくなっており、頼れる人がいない環境で初めての育児をする中で、思うように行かないこともあります。そのような環境にいるとノイローゼを引き起こしてしまいますので、そうならないためにもお母さんの相談役として助産師は精神的なサポートも行います。

医療職を目指している方におすすめの記事!

  • 患者さんの体と心をケアする看護師
    患者さんの体と心をケアする看護師

    医療職で人気のある看護師。現場では多くの仕事をこなすとても大変な仕事です。看護師は実際にどのようなことをしているのか、どうすればなれるのか、キャリアはどうなのかを紹介しています。

    MORE
  • 看護師の志望動機
    看護師の志望動機

    看護師の仕事の魅力とはなんでしょうか。志望動機の例文を交えながら効果的なアピール方法を紹介しています。自分をアピールするための志望動機の書き方を知りましょう。

    MORE
  • 命運が左右される職務経歴書
    命運が左右される職務経歴書

    医療職の転職では職務経歴書はとても大事です。今までいた病院やこれまでの経験、スキル、資格が見られます。きちんと見てもらうために正しい書き方を学び、しっかりアピールをしましょう。

    MORE